いい技術は世の中を幸せにする

創意的な知識と情報が市場競争力を左右する第4次産業革命時代において、AI,ビッグデータやIoT、クラウドなどの利活用は勝ち組の必須条件になり、またモバイルの活用は我々の生活や仕事において知識と情報をより効率よく活用できる欠かせない核心的なICBM(IoT、Cloud、Big data、Mobile)戦略の一つになりました。
デジタル市場経済を支えるICT開発は情報の保存と情報の伝達に分かれて発展して来ました。より多くの情報をより多く伝達しようとする人間の欲求は音声・文字・動画のマルチデータをより多く圧縮し、より早く伝達する通信(communication)技術を産み出し、インターネットを通じて革命を起こし、コンピュータが自ら学習を続け人間の知性を超える超知性のシンギュラリティのAI革命まで進化して来ました。
AOSグループは、創立以来今がまさに100年以上続くデジタル情報通信革命の時代だと認識し、データの保存とデータの伝達技術の二つの軸で事業を立てて成長して参りました。またこのような技術を応用したリーガルテックを持って第4次産業革命を支える人工知能(AI)、IoT、ビッグデータ市場をリードしていきます。
AOSグループは
“いい技術は世の中を幸せにする”
という企業理念の下、
ビジネスとライフスタイルの向上のためにAOSテクノロジーズ株式会社、AOSリーガルテック株式会社、AOSデータ株式会社、AOSモバイル株式会社のサービスを通じて、国をあげて進めて行くソサエティ5.0の実現に最善を尽くして参ります。

AOSテクノロジーズ株式会社
代表取締役社長
佐々木 隆仁