Slider

IoTデバイスの証拠データを抽出、解析します

Internet of Things(IoT)は、電子機器、ソフトウェア、センサ、ネットワーク接続が組み込まれたデバイス、車両、建物などの物理的オブジェクトのネットワークであり、これらのオブジェクトがデータを収集して交換できるようになります。IoT時代には様々データが証拠になりうる時代です。事件にかかわるデバイスの多様化にともない、あらゆるデバイスからの証拠データの抽出、解析が求められています。IoTフォレンジックとは、IoTデバイスのデジタルデータを調査し、証拠として抽出するサービスです。

AI_Solutions_METI.png

1999年から警察、検察の証拠調査をリーガルテックで支援

AOSは、1999年より、警察や捜査機関のためにデジタルフォレンジック調査を開始しました。日本で初めて、携帯電話の削除データを復元して証拠を取り出すことに成功し、困難な事件の証拠調査に大きく貢献してきました。2015年には、その革新的な事業の創出と展開は、日本のビジネスの発展と国民生活の向上に著しく貢献していると評価され、経済産業大臣賞を受賞。パソコン、携帯電話の証拠調査から始まり、スマートフォン、監視カメラ、カーナビ、ドライブレコーダーなどの証拠データの解析にも多くの実績があります。IoTデバイスの証拠解析は、AOSならではの技術力に支えられた次世代のフォレンジック調査です。

自動車フォレンジック

AOStech_AOSIoTforensics_automobile.png

事故後に破損したドライブレコーダ、EDR、カーナビ、IoT車載半導体から証拠データを取り出し、事故の原因調査、分析を支援いたします。

画像解析フォレンジック

AOStech_AOSIoTforensics_ImgAnalysis.png

走行中の車内の人物像、ぶれたナンバープレート、夜間の監視カメラの犯人像も超解像度の鮮明化技術を駆使して、捜査の手がかりとなるデータ解析を行います。

動画フォレンジック

AOStech_AOSIoTforensics_MovieAnalysis.png

断片化された動画フレームを検出して証拠データとして取り出すことができる日本で初めての画像解析フォレンジックソリューションです。