2019年11月28日
AOSテクノロジーズ株式会社株式会社
東京都港区虎ノ門5-13-1 虎ノ門40MT森ビル4F

日本ドローンサッカー連盟 設立~ドローンサッカー®を通じ、地域コミュニティの活性化を促進する~

AOSテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 佐々木 隆仁)と株式会社オートバックスセブン(代表取締役 社長執行役員:小林喜夫巳)、株式会社オーイーシー(代表取締役社長:加藤健)の3社は、ドローンサッカー®という競技の活動を通じ、地域コミュニティの活性化を促進することを主たる目的とした「日本ドローンサッカー連盟」を設立いたしました。

※『ドローンサッカー®』および『ドローンサッカーボール®』は、AOSテクノロジーズ株式会社の登録商標です。

当社ではドローンサッカー®の普及を目指し様々な活動を検討していましたが、このたび株式会社オートバックスセブン様と株式会社オーイーシー様より日本ドローンサッカー連盟設立のお話をいただき、その理念・ビジョンに共感し参画することといたしました。

■日本ドローンサッカー連盟の活動内容

「日本ドローンサッカー連盟」は、ドローンサッカー®に関する以下の活動を通じて、地域コミュニティの活性化や青少年の健全な育成、バリアフリースポーツの導入と展開、浸透、そしてドローン操縦技術の向上を目的といたします。

  1. デモンストレーション等のイベント企画・運営
  2. トーナメント大会の開催(地域大会、エリア大会、全国大会、日韓戦、アジア大会、ワールドカップ)
  3. その他ドローンサッカー®普及に関する活動

■日本ドローンサッカー連盟の今後の活動予定

日本ドローンサッカー連盟への参画企業や会員の募集を開始し、直径40cmの競技用機体を使用した、日本初のドローンサッカートーナメント大会の開催を、12月21日に大分県大分市にて予定しています。日本のみならず、韓国やその他の国や地域ドローンサッカー団体と連携し、2021年から2023年にかけてアジア大会や世界大会を開催し、2025年には第1回ワールドカップの開催を視野に入れた活動をしてまいります。

■ドローンサッカー®とは

日本をはじめ、世界の国や地域で導入が進められている 韓国発祥の競技で、球状のプラスチックフレームに覆われた『ドローンサッカーボール®』を使用し、5対5で戦う戦略型チームスポーツです。
ドローンサッカー®は、区切られたフィールド(最大幅:20m× 奥行:10m × 高さ:5m)の空間において、ドーナツ型のゴールにドローンを通すことで得点を競うスポーツです。オフェンス用ドローン1機で得点を獲得しつつ、他の4機でオフェンスの支援や自ゴールのディフェンスすることから、スピードだけではなく、チームとしての連携など、高い戦略性が求められる競技となっています。

Drone-soccer-field.png

ドローンサッカー®のフィールド

Drone-soccer-ball.png

ドローンサッカーボール®

ドローンサッカー®は、お子様からご高齢者、体に障がいを持つ方まで、年齢や性別を問わずに同じフィールドで楽しみを共有できるバリアフリーな競技です。また、競技を通じてセンサーレスのドローンサッカーボール®操縦に習熟することで、ドローン飛行技術の向上とともに、 家族や企業、学校行事、地域のコミュニティなどでの、チームワークやコミュニケーションの醸成にも貢献できるものと考えています。

日本ドローンサッカー連盟HPhttp://japan-dronesoccer.com/

※『ドローンサッカー®』および『ドローンサッカーボール®』は、AOSテクノロジーズ株式会社の登録商標です。

【AOSグループについて】

  1. 称:AOSテクノロジーズ株式会社 代表者:佐々木 隆仁(ささき たかまさ)
  2. 立:1995年3月
  3. 所在地:東京都港区虎ノ門5-13-1虎ノ門40MTビル4F
  4. 資本金:4億8,000万円
  5. U R L:https://www.aostech.co.jp/

AOSグループは“いい技術は世の中を幸せにする”という企業理念の下、ビジネスとライフスタイルの向上のためにAOSテクノロジーズ株式会社、リーガルテック株式会社、AOSデータ株式会社、データテック株式会社を通じて、国をあげて進めていくにSociety 5.0の実現に最善を尽くして参ります。